出産の記録長男②

産休に入り、やっとゆっくりできる~って思ったのも束の間…主人の異同が決まりました。
そこからは毎日昼間は荷造りをして、夜はぐったり~という毎日でした。
引っ越しも無事終わり、里がえり出産だったので、実家に戻ってしばらくはのんびりできて、散歩とかも行けたのですが、最後のほうは立つのもしんどいくらい足の付け根が痛かったです。

そして、いよいよ出産当日の朝…

その日は夜中からなんとなくお腹が痛くて眠れませんでした。しかも、だんだん間隔が狭くなってきている気がする…。産婦人科の診察時間まで待って電話をしてみました。
そしたら、来てみてくださいと言われちょうど主人が休みで私の実家に来てたので連れてってもらいました。
診てもらったら、まだ産まれないと言われました。しかも、お腹の痛みも消えてしまいました。
実家に帰ってきて、夕べほとんど寝れなかったので、主人と昼寝しました。
お昼近くなって、なんだかまたお腹が痛い気がして目が覚めました。主人はまだ寝てたので起こすのも可愛そうだなと思い、痛みに耐えながら主人の寝顔を見ていました。
そのうち母がお昼で起こしに来て、一緒にご飯を食べました。まだこのときは余裕でした。

でも、だんだん強まってくる痛み。でも、朝病院から帰されてるので、きっとこれも陣痛ではないと思っていました。
お風呂に入ると痛みが和らぐときいたので、お風呂に入りましたが、痛みが和らいだのは入っている間だけで、出たらまたヒドイ痛みでした。
もう動けなくて、横になっていましたが、ひ汗がダラダラ出てきて、お風呂入った意味なかったな~なんて思ってました。
そんな私を見て母が、いい加減病院電話しなさいと言って、しぶしぶ電話してみたら、すぐ来てくださいと言われました。その時時間は夜の7時。
主人と母が車で産婦人科に連れてってくれました。

つづく